忍者ブログ
この世の中色んな娯楽作品がありますがそれぞれの別の作品のキャラクターを対決させようと言うのが本ブログの主旨です。 要望があればコメント欄にお願いします
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


今日やっとファイディングニモを見たのですが中々面白かったです。
と言うよりは安定感のある印象でしょうか、安心して見られる作品でした。

ピクサー作品全般に言える事なのですが安定感に関して言えば個人的には最高の制作会社です。
しかしファイディング・ニモはマイベストピクサーのモンスターズ・インクを抜く事が残念ながら出来ませんでした。

何と言うか悪く言えば話の展開に大きな起伏が無い、よく言えば子気味良いと言った所でしょうか。
トイ・ストーリーやモンスターズインクにあった様なドキドキ感が個人的にはあまり感じられませんでした。
何と言うか安心しすぎてしまうと言った感じです、出てくるキャラクターの殆どが主人公の味方である点にイマイチ盛り上がれませんでした。

今までのピクサー作品には決定的な悪役が居たのですが今回不在と言う点が影響しているような気がします。
ある意味人間が悪役なのですが行動に悪意が感じられず、むしろ善意の行動が主人公の魚達の障害となっているだけでやっている事は良い人と言う点が緊張感の無さに繋がっています。

子供向けと言えばそれまでですがそれでもきちんとした悪役を一人か二人置いて欲しかったです。

あらすじとしては
カクレクマノミのマーリンには亡き妻が残した一人息子ニモが居た。
マリーンは妻を亡くしたショックと息子ニモの右の胸ビレが小さく上手く泳げない事を気にかけニモを過保護に育てていた。
そしてニモが初めて学校に行った日、ニモは授業に付いて来たマリーンに反発して珊瑚礁の中から出てしまう、
そして珊瑚礁から出たニモは海に潜っていた人間のダイバーに連れ去られてしまうのだった。
マーリンは果たして息子のニモを探し出す事ができるのか?

こんな感じのストーリーです、マーリンの声をとんねるずの木梨憲武が演じているのですがこれが結構上手くて感心しました。
相棒のドリー役は室井滋なのですがこれも違和感無し、好演していました。

声優問題も特に無くストーリーも安定感が高く満足感は得られました。
点数をつけるなら85点、悪意ある悪役が欲しかった所です。

PR

Comment
Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
ファインディング・ニモより、日常英会話抜粋です!
アニメ映画・ファインディング・ニモ(FINDING NEMO)を見ました。これはよく出来ています。海が舞台で、クマノミというイソギンチャクと一緒にいる可愛らしい魚が主人公ですが、海のアニメは綺麗ですし、キャラクターも生き生きしています。 ストーリーは、父親マリーンの冒険と、水槽に閉じ込められたニモの脱獄ストーリーと二部構成で面白く、過保護な父親と子供というテーマもシッカリしており面白いです。 ファインディング・ニモから日常英会話抜粋は、以下に続きます。 ↓ボタン一つで外国人が英文を読んで...
URL 2006/11/28(Tue)22:
最新コメント
プロフィール
HN:
まっちゃん
性別:
男性
職業:
学生
趣味:
映画鑑賞
バーコード
ブログ内検索
アーカイブ
カウンター
忍者ブログ [PR]